. . .

検査品の概要

精密部品などの高精度の樹脂成型部品のメーカーでも弊社の検査ソフトをご検討です。
運用の状況や希望を把握する以前の簡易検証では従来型ルールベース方式の検査ソフトとAI(ディープラーニング)を使用したソフトどちらがより希望に合うか検討するため両方のご報告をする場合もあります。

検査設定と検査結果

左の画像EasyInspectorの検出の拡大画像ではワーク が収まる程度の視野に設定して不良サンプルを検査したところ、黒点や汚れの 検出自体は可能でした。 ただ検査する領域の中に形状の凹凸や輪郭の影が有る場合、それを誤検出してしま う可能性があります。従来型のソフトでは位置ズレの影響を受けやすくなります。
右の画像はDeepSky を使用した場合です ディープラーニングにより不良を学習し、画像上から不良箇所のみを検出します。 その性質上、適切に学習を行えばパッド吸着によるバラツキがあった場合でも目的の不良 箇所の検出が可能です。

使用したソフト

  • 使用ソフト:EasyInspector・DeepSky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です